kur.jp

バイオリンと山、自転車をこよなく愛するkurのチラシの裏。たまには技術的なことを書いたりするかも知れません。

Hello 2018

あけましておめでとうございます。2017年末に、本年の振り返りでも書こうかと思っていたものの、気がついたら2018年になり、3日が経過していました。
昨年は趣味も仕事も非常に充実していたと感じています。プライベート面では音楽活動に、スクーバダイビング、登山など、相当に充実した一年でした。もちろんそれらアクティビティだけでなく、それらを通してできた友人知人と過ごす日常もかけがえのないものでした。
仕事面でも、新卒から8年間勤めたげたキヤノン株式会社を飛び出し、いわゆるスタートアップの世界に飛び込んでしまいました。そんな中、最近主に関わっているのはポケットチェンジというプロダクトです。
ポケットチェンジについて簡単に説明すると、海外旅行などで余った外貨をAmazonギフトカードや、Waonや楽天Edyなどの電子マネーにチャージできるサービスです。羽田空港や関西国際空港などの国内国際空港や、新宿や大手町、大阪市内などに設置された専用のキオスク端末を用いてサービス提供をしています。
私はポケットチェンジでは、キオスク端末の画面ユーザインタフェースに携わっています。一般のお客さんが目にする部分もそうですし、端末管理者(我々もそうですし、キオスク端末設置施設のメンテナなど)が触る、いわゆる管理画面にも携わっています。
その他、水面下で進めているようなプロジェクトや、残念ながら日の目を見ることなく忘れ去られてしまいそうなプロジェクトもあるにはあるのですが、一緒に働く仲間にも恵まれ毎日を楽しく送る事が出来ております。
さて、2018年。
前述したように仕事もプライベートも概ね充実してはいるもののCIIDをはじめこれまでで学んだ事を活かせているシーンがどれだけあるのか?というのはひとつのポイントなのかなと思っています。もちろんポケットチェンジのビジネスであったり、それに伴うデザインやエンジニアリングを通して学んだことはたくさんあるのですが、過去の経験をそこまで活かせていない気がする点が、個人的になんとかしたいなという思うところです。
そのため、今年は仕事の重心をもう少しデザインよりにシフトできればと思っています。具体的なアプローチとして個人でデザイン仕事を受けるための会社を作ろうかと。現在のところ、仕事を受注できる見込みもまったく無いのですが、とりあえず箱を作って色々動いて見るのが面白いのではないかなと。基本的にはCIIDが得意とするアプローチでもある、価値検証としてのイテレーティブなプロトタイピングを軸に新規事業創出をサポートできればと考えています。このあたり、私の目指す方向性の詳細については改めてブログなどで書いていければ良いなと思っています。
また、上記と並行して新しいサービスの立ち上げにも尽力して行ければと思っています。アイディアとしてはいくつかあるものの、どれが良いか?についてはまだ考えているところです。また個人的には他の人と一緒にプロジェクトを進めていくのが好き一緒に何かやろうぜと言う方がいらっしゃれば是非気軽に声をかけてください。