kur.jp

バイオリンと自転車をこよなく愛するkurのチラシの裏。たまには技術的なことを書いたりするかも知れません。

Xperia Acro HD SO-03Dを修理に出した話

あるときから、SIMカードが認識しなくなった。正確には何度か再起動するとたまに認識することがあるのだけれど、それでも使っている最中に急にSIMカードが認識しなくなることが頻発する状態が続いていた。

Xperia Acro HDは一度の再起動には3分程度掛かる。そしてSIMカードを認識する確率は10回に1回ぐらい。ということは一度SIMカードを認識しなくなると30分間、電話が圏外状態になるということになる。コレは困る。

というわけで早速Docomoショップに行ってきた。最初はSIMカードの不良かと思い、お店のSIMカードを借りて認識するか試してみたのだけれど状況は変わらず。そのため、コレは本体の調子が悪いのだと判断するに至った。というわけで修理に預け、その間私の手元には代替機があるのです。

代替機はLGのOptimus chat L-04C、Xperia Acro HD SO-03D のちょうど1年ぐらい前に発売された機種です。コレはいい機会なので、Androidの機種同士を比べて見ることにした。

画面

Optimus chat L-04Cの画面解像度は340x480、対するXperia Acro HD SO-03Dの画面解像度は1280×720である。画面サイズが違うとはいえ、解像度が倍以上違う。

画面の解像度は、普段の使用ではほとんど気にならない。twitetrだとかfacebookを使用しても解像度の違いはそこまで気にならない。解像度の差を一番感じたのは、Webサイトを閲覧する時。低い解像度だと文字が読めないことが多い。Xperia Acro HD SO-03Dのときにまったく気にならなかっただけに、Optimus chat L-04Cの画面が非常に粗く感じてしまった。

また、画面の縦横比率と言うのも多分重要である。Optimus chat L-04Cの場合、ソフトウェアキーボードを出すと画面の半分以上が埋まってしまう。ところがXperia Acro HD SO-03Dの場合、画面の大半には作成した文章が表示される。この差は非常に大きいと感じている。

ちなみにOptimus chat L-04Cでフリック入力時に一度表示できる文字数は、横12文字、縦5行なので60文字である。

通信速度

FOMAだから同じだろ思ったけど、甘かった。Optimus chat L-04Cはtwitterの読み込みや、Webサイトの読み込みなど、全てがモッサリしている。調べてみると、Optimus chat L-04Cの最大通信速度は、7.2Mbps、Xperia Acro HD SO-03Dの最大通信速度は14.0Mbpsで、どちらもそれなりの回線速度が出てもよさそうなものだけど、とにかく遅く感じてしまう。もしかしたらCPU性能の差なのかも知れないが。

ボタン位置

Optimus chat L-04Cの画面下部には左からメニューボタン、戻るボタン、検索ボタンがタッチパネルで並んでいる。そしてその下にハードボタンで、通話ボタン、ホームボタン、電源ボタンがある。

電源ボタンはOptimus chat L-04Cの方が押しやすいかなーって思った。画面に置いたときとか簡単にロックできるし通知を確認するためにアクティブにするとき、一瞬で操作できる。

また、ホームボタンがハードボタンになっているため、iPhoneに慣れているユーザには楽かな、とも思った。あと、検索ボタンってそんなに使わなくない・・・?

文字入力

CPU性能が低いということもあるが、とにかくモッサリしている。例えば、文字入力をするとき、私がXperia Acro HD SO-03Dのつもりでフリック入力すると、確実にいくつかの文字が入力されない。Optimus chat L-04Cにはキーボードが付いているが、日本語入力にすると、かな入力になってしまう。ローマ字入力が出来ればまた違ったのかも知れないが、やり方がいまいちわからなかった。

通知

Xperia Acro HD SO-03Dでは、何らかの通知があったら画面上部のLEDが点灯するが、Optimus chat L-04Cではそういった通知が一切ない。そのため通知があるかどうかは、一度端末を起こしてやら無いと確認することが出来ないのが不便。しかし良く考えてみると、iPhoneにも通知用LEDは存在しないので、条件としては同じとも言える。

まとめ

Xperia Acro HD SO-03Dに慣れてしまっているからと言うのもあるかもしれないが、Optimus chat L-04Cは全体的に使いにくい。使っていてストレスが溜まる。そしてその使いにくさの原因はやはり、動作速度と画面の広さであるように思える。

以前、iPhoneとAndroidどっちが良いか、と言う内容の記事の中で結論として、どっちも良いところあるよ!って書いた覚えがあるが、もしiPhoneとOptimus chat L-04Cを比較していたら、間違いなくiPhoneの方がいいよと答えていたと思う。

これはまたそれだけAndroidの将来が楽しみであるとも言えると思う。このあたりは、日経ネットワークの記事が詳しいのであまり書かないが、例えばバッテリーだとか液晶だとかCPUだとか、その他もろもろのハードウェアに関して、Androidは色んな会社が試行錯誤して一年にすごい数のアップデートを行っている。一方、iPhoneは1社で1年に1度のアップデートである。この状況、少なくともハードウェアに関してはAndroidが圧倒的に有利だと思う。OSやソフトウェアに関しては、将来どうなるかわからないところがあるけれど、案外数年後にはAndroidがiPhoneに販売台数で5倍以上の差をつけていても不思議では内容に思う。