読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kur.jp

バイオリンと自転車をこよなく愛するkurのチラシの裏。たまには技術的なことを書いたりするかも知れません。

XAMPP導入

PHPでWebアプリを開発するぞ!って思ったときにネックとなるのが,開発環境導入の敷居の高さ.

そりゃ,xreaとかsakuraのレンタルサーバであれば,phpファイルをアップロードするだけでphpのスクリプトを動作させることができるんだけれども,何かの間違いで無限ループとか作っちゃうと,負荷が高くなって他の利用者に迷惑だったりするので,一般的なレンタルサーバで,webアプリの開発を行うなんてことは,推奨されてないわけです.

となると普通は,自分のPC上にPHPの開発環境を組み立てて開発するんだけれど,これが意外と面倒くさい.慣れてしまえばどうってことないのかもしれないんだけど,ぱっと思いつくだけでもApacheをインストールして,phpをインストールして,データベースを使うならMySQLやらをインストールしてって,結構大変.

というわけで,私自身も今までWebアプリを開発するときは,自宅のサーバでゴニョゴニョしてて,手元のマシンに環境を構築して開発するってことはあんまりやってこなかったんですが,最近,XAMPPっていう便利なものがあるのを知りました.これは,ApacheFriendsによって開発されているツールで,Apache+PHP+MySQL+phpMyAdmin+αを一気にインストールしてくれるっていうシロモノ.今までこんなものを知らなかったなんて,ちょっと損した気分です.

というわけで,とりあえず手元のWindows XPにインストールしてみました.

って言っても,手順はすごく簡単です.

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.htmlから

XAMPP Windows版 1.6.7〔ベーシックパッケージ〕 のインストーラをダウンロード後,そのまま起動させると,インストールが開始される.インストールするディレクトリを選ぶだけ.

XAMPPをインストールする時点でApacheやmysql,Filezillaのインストールをすることもできるが,インストール後にXAMPPのコントロールパネルからでもインストールできるようになっている.

実際にサーバを起動するためにはXAMPPのコントロールパネルから「開始」を押せばOK.これだけでインストールが完了する.実に簡単.

ただし,skype等をインストールしている場合,ポート80の競合が発生して,Apacheが起動しないことがあるので注意.ていうか実際,Apacheが起動しなくて少し悩んでました.そういや前にも同じようなことで悩んでたみたいです.成長してないなー.