kur.jp

バイオリンと自転車をこよなく愛するkurのチラシの裏。たまには技術的なことを書いたりするかも知れません。

xreaでSubversionが使えるらしい

kur.jpはxreaを使って運営しています.

ひろきさんから情報を頂いたので,SVNクライアントの使い方を追記(8/3)

ネットを徘徊してたら,xreaのサーバにSubversionがインストールされているという情報を発見.

情報源は以下のサイト様

とりあえず,実際にSSHでログインしてみて,コマンドを打ってみる.

kur@sxxx:~> rpm -q subversion subversion-1.2.3-2

確かに,インストールされてる.もちろん,svnadminなんかも問題なく使えるのでディスク容量が許す限り(年2400円で2GB/Webを使わないなら年1000円で2GB)はリポジトリも作り放題.試しにリポジトリを作ってみたけど,当然のごとく,何の不自由もなくコミットしたりできる.

調べてみると,sakuraのサーバでもsubversionをインストールできるようになってるみたいです.今後は,SVN用のレンタルサーバなんてものが流行ったりもするのかなぁ?需要は限りなく少なそうではあるんだけど.

ただし,sakuraは試してないんだけど,xreaの場合は,WebDav経由のアクセスは出来ないし,トータスSVN等を使っての外部からの利用もできない見たい.

*以下,追記

と,思ってたら,ひろきさんからコメントでトータスSVNの使い方についての情報を頂いた.

SSHを経由させることで,トータスSVNでアクセスできるということ.設定方法などについては,

XREA、sakuraサーバでのTortoiseSVNの設定

に.わかりやすくまとまってるので見てほしいんだけど,トータスSVNの設定のネットワークに

[TortoisePlink.exeのあるディレクトリのパス]TortoisePlink.exe -ssh -l [ユーザー名] -pw [パスワード]

リポジトリにアクセスする時には

svn+ssh://[サーバー名]/[リポジトリまでのフルパス]

と,指定することでアクセスできる. ひろきさん,ありがとうございます.

*追記の追記

例のxreaでCORESERVERというサービスが始まったみたい.月額500円(年契約だと月420円)で,容量15GB,RAIDという素晴らしさ.転送量150GB/月というのが気にはなるものの,評判次第では,他のレンタルサーバを整理しようかと思ったりも.