kur.jp

バイオリンと自転車をこよなく愛するkurのチラシの裏。たまには技術的なことを書いたりするかも知れません。

教材より抜粋

授業中に配られた教材より,作文を無断引用してみる.作者が誰かは秘密です.作者からクレームがあれば公開を取りやめます.

「僕のすべて」 僕のすべてというタイトルで書き出してしまいましたが ,僕の全てを原稿用紙一枚にまとめられるはずも無く,何を書けばいいのかわからなくなってしまったので,僕のすべてではなく,僕のメガネについて書いてみようと思います. 僕が初めてメガネをかけたのは小学校に入学したばかりのころでした.当時の小学生の間では,まだメガネをかけた子はめずらしくメガネのせいでいじめられたり,メガネをかけているからかしこいだろう,おとなしい子だろう,という先入観を持たれることもたびたびあったように思います.もともとおとなしく,真面目な性格な僕でしたが,そのような回りの反応がより僕をおとなしい少年にしていったように思います. つまり僕のメガネはただのメガネではなく,既に僕を構成する重要な要素のひとつであり,つまりは僕の全てはメガネであるということです.

ところで,

カンフーの達人が,メガネをなくしたようです. 彼の話によると,朝家を出るときは,たしかにメガネをかけていたそうですが,自転車をこいで学校に到着したときには既に無かったということです.その後,学校や家を捜索しても見つからないということなので,考えられる可能性としては自転車をこいでるときに「僕のすべて」を落としたのが有力なのではないかと思います.

とりあえず,お心あたりの方は彼に連絡を.